中尾さんは何が出来るの?

Webページに関連するニュースを自動で挿入します


さらにそれだけではありません。
中尾さんはFTPサーバーのタイムスタンプ(最終更新日時)をアクセスの度に自動更新します。

WEBページの更新頻度を上げる

検索エンジンロボットを頻繁に呼び込むための方法として、ページを頻繁に更新するということが良く言われています。

検索エンジンは、新鮮な情報を掲載しているサイトを上位に持ってきたいはずですから、更新頻度の高いサイトには、必然的に検索エンジンのロボットが訪れやすくなるというわけです。

実際に、作って間もないブログが上位表示されるというのはよくある話です。


だからといって、毎日のように更新できるかというと、手動では中々難しい・・・

実際、ブログはまだしも静的なHTMLページを毎日更新って考えただけでも気が遠くなります。

さらにアフィリエイトをやっていると、抱えるページ数が膨大になりますから、一人で全てのページを更新するのは不可能。

人に頼んでもコストがかかる・・・

こんな悩みを解決するのが「中尾さん」です!



ページの内容の更新 + ページの最終更新日時の更新
= ナチュラルなサイトの更新

検索エンジンはどのようにページが更新されている(管理されている)かどうかを判断しているのか?

考えられる方法は2つです。

 

  • ページの内容を前回と比較して変わっていたら更新したものとみなす
  • ページの最終更新時間を前回と比較して、時間が新しくなっていたら更新したものとみなす

 

実際には、この両方を組み合わせて使っているものと思われます。

簡単なプログラムを組めば、サーバー上に存在するファイルの、最終更新日時は取得できますので、技術的には決して不可能なことではありません。

上記の2点を組み合わせた更新方法であれば、手動での更新と見分けは付きませんので、ただ自動ツールでページの内容を入れ替えるよりも、検索エンジンに「このサイトはよく更新しているな」と思わせられる可能性が高くなります。

また、検索エンジンが得られる情報だけでは、100%手動で更新したのと同じ状態になりますから、ペナルティーを受けるといった可能性も低くなります。


更新頻度が高いページのメリット

  • 検索エンジンのクローラーが頻繁に訪れるようになる
  • 重要なサイトだと判断され、より上位に表示されやすくなる
  • 更新した内容が即座に検索エンジンに読み込まれる

実際の設置画面をご覧ください!






少し難しい話

では、もうちょっと踏み込んだ解説をいたします。

 

Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザでウェブサイトを表示させる際に
ブラウザとサーバーの間では、httpというプロトコルでWEBページを表示させる
ための通信が行われています。


ブラウザに入力されたURLにより、サーバーに表示するウェブページの
情報を見えるようにして欲しいと要求(リクエスト)します。

要求を受けたサーバーは、URLに対応するファイルをブラウザ上に
表示できるよう応答(レスポンス)します。

この通信の際に、要求側と応答側の付加情報がやり取りされます。このやり取り
される付加情報は「httpヘッダー」と呼ばれるもので、通常ブラウザ上では表示されません。



要求側のhttpヘッダには主に

・アクセス元のURL
・アクセス元のコンピュータのIPアドレス
・利用しているブラウザのタイプ
・利用しているブラウザの言語

などの情報が含まれています。


それに対し応答側のhttpヘッダには

・要求されたURLによる通信結果
・アクセス日
・ウェブサーバーの種類
・表示するファイルのタイプ
最終更新日時

などの情報を付加し、要求側に情報を返します。


情報が返ってくることにより、ブラウザ内でウェブページが表示されるようになります。



検索ロボットがウェブサイトにアクセスしたときも、同様の通信が行われています。
ロボットは機械ですから、ウェブページを閲覧しませんが、サーバーからのレスポンスによって取得したページのソースコードを読み込んで解析します。その際にページが更新されているかどうかも解析します。

このときに参照する情報としてページの変更はもちろん、最終更新日も参照します。
ちなみに、この最終更新日は、httpヘッダーの中では、「Last-Modified」という値が


それに当たります。

この値は、作成したウェブページが、いつ、サーバーにアップロード、または生成されたかの時間が反映されています。タイムスタンプと呼ばれるものです。

検索エンジンは、このタイムスタンプとウェブページ上の変更を認識して
サイトが更新されているかどうかを判断しています。

よく、PHPなどのサーバー側で稼動するプログラムを利用して、アクセスする
たびにページの表示情報を変えているウェブサイトがありますが、ファイルの
最終更新日は更新されませんので、検索エンジンは更新しているとみなして
くれない可能性が高いです。


中尾さん開発の理由

この、更新されているかどうかというのは、ロボットが検索結果上位表示を吐き出す上でかなり重要な要素をしめているのではないか、ということです。

すでに、ウエブページをすでに上位表示している場合は、全く更新しなくても上位をキープしているケースが多いです。それは圧倒的な被リンクの質の良さなどにより評価の加点が高くなっていることが考えられます。

つまり更新をしなくても、常に上位をキープできる。
これは理想的です。

しかし普段、SEOで上位表示に四苦八苦しているページというのは、未だ被リンクの構造が成熟していません。

そのため、被リンクの評価は、他の上位サイトよりも低いのです。

そこで、更新頻度のほうに目をむけるわけです。これはある意味、内部的なSEOのひとつといえます。

実際、実験した結果でも、「中尾さん」を装備しているページと装備していないページでは圧倒的に検索結果において順位の差異が確認できています。



今までに数々のSEOツールが出てきましたが中尾さんはその中でもトップ5に入るほど優れたツールです。

私が現在のSEO対策で最も重視している項目は被リンクサイトの更新頻度です。

現在のヤフー、グーグルはターゲットサイト(上位表示させたいサイト)の質以上に被リンクサイトの質を重要視しています。

特に更新頻度は被リンクの質に大きく関わってきます。

 

被リンクサイトの更新頻度を上げることによりクローラーが頻繁に来るようになります。

このときにクローラーは『更新頻度の高いサイト=最新の情報を提供するサイト』と認識するのです。

この『最新の情報を提供するサイト』というのがポイントになります。

最新の情報を提供するサイトにターゲットサイトへのリンクを貼ればどうなるでしょうか?

クローラーが頻繁に回っているサイトですから被リンクとしても直ぐに認識されるでしょう。

 

さらに更新頻度の高い質が良いサイトからの被リンクとしてSEO対策に有効になることは間違いありません。

 

しかし、更新頻度の重要性がわかっていても実際の作業となると大変です。

私の場合被リンクサイトが数百サイトあります。

この数百の被リンクサイトを更新するためには外注でまる一ヶ月掛かります。
しかも、毎月かかる費用は莫大です。

そのため、多くの方は更新頻度が重要とわかっていても更新できないのが現状でした。

 

このように更新しないサイトに被リンクを張ってもクローラーが回ってこずに被リンクとして認識されないため高いサーバー代を借りてドメインを取得した
被リンクサイトがゴミ以下のサイトになってしまいます。

 

被リンクサイトを『ゴミサイト』にするか?質の良い『更新頻度の高いサイト』
にするか?

 

そんな悩みを全て解決してくれるのが『中尾さん』です。

実際に中尾さんを拝見しましたが素晴らしく優れたツールです。

現在のツールでテキストの更新頻度だけでなくタイムスタンプまで
更新してくれるのは中尾さんだけでしょう。

 

私は毎日、石田さんと中尾さんに感謝しています(^^)




生きているサイトか?死んでいるサイトか?

この違いを決める大きな要素の一つが「サイトの更新頻度」です。

クローラーと呼ばれる検索エンジンのロボットがサイトを訪れた時、
頻繁に更新されているサイトとまったく更新されていないサイト、どちらを重要視するか?

またクローラがどちらのサイトに対して、巡回頻度を増やすか?

答えは明らかだと思います。

今やネットで収入を得るためにサイトを数十〜数百運営するのは当り前の時代になっています。
しかしサイトの数が増えれば増えるほど、更新頻度は落ちていく、いやそれどころか全く更新できていないサイトが増えていっているのではないでしょうか?

私も手持ちのすべてのサイトを更新するにはどうすればよいのか、それが悩みの種でした。

そんなとき石田さんから自動でサイトを更新させていると聞き、そのサイトを見せてもらいました。

そのサイトを見た瞬間
「石田さん、このツール売ってください」
とお願いしました。

いくらとか値段を聞く前に、絶対欲しいと思ったツールです。

バックリンクサイトにしろ、本気サイトにしろ、これからはすべてこのツールで更新させていきます。


木村 純 さん開発「HTMLツクール」


FAQ

「中尾さん」をつければ確実に順位は上がりますか?

中尾さんは検索エンジンでの上位表示を保証するツールではありません。
しかし、弊社のテストページでは、ほぼ全てのページにおいてYahoo!もしくは、Googleにおいて順位の上昇を確認する事ができました。

「中尾さん」をつければキャッシュ日は常に最新になりますか?

弊社の管理するテストページ全てにおいてキャッシュが更新された事を確認しました。
しかし、被リンクの本数や質によって常に最新に更新されるとは限りません。
被リンクがすくなければ当然クローラーの訪問が少ないのでキャッシュされる可能性も低くなります。
中尾さんは、クローラーが訪問した際にページをキャッシュされやすくするツールとしてお考えください。

初心者でも簡単に使えますか?

FTPソフトを使ってCGIを設置します、最低でもHTMLの知識が必要になります。自信のない方はサポート版をお買い求めください。

ブログでも使えますか?

ブログでは使用できません。
自作CGIが設置可能なサーバーのHTMLサイトが対象となります。

サポートはありますか?

サポートをご希望の方はサポート対応版をご購入ください。
通常版をご購入いただいた場合のサポートは原則として行っておりませんのでご注意ください。

ページを更新するとありましたがどんな内容に更新されるのですか?

ニュースサイトが公開しているRSS情報を取得して表示しています。
キーワードをご自分で設定する事によって、任意のジャンルのニュースを表示させる事が可能です。また、ニュースの表示件数なども操作する事が可能です!

タイムスタンプの更新は毎日1回ですか?

タイムスタンプの更新はアクセスの度に行われます。
つまり、ローラーが訪問する度にページのタイムスタンプは更新されます。

無料サーバーや、独自CGIを禁止しているサーバーでは、動作いたしません。
また、有料サーバーで独自CGI設置が可能であってもサーバーの仕様によっては動作しない場合がございます。


販売ツール一覧


Warning: include() [function.include]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /virtual/aca06/public_html/www.infoseasjapan.com/tp/nakao/top_n.html on line 324

Warning: include(http://www.academiajapan.com/tool_list.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /virtual/aca06/public_html/www.infoseasjapan.com/tp/nakao/top_n.html on line 324

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://www.academiajapan.com/tool_list.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/aca06/public_html/www.infoseasjapan.com/tp/nakao/top_n.html on line 324


日本インターネットアントレプレナー協会認定


特定商取引法に基づく表記
会社名 アカデミアジャパン株式会社
TEL TEL 03-5575-3094
(お電話でのご注文・お問い合わせには対応しておりません)
所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-36-110
mail: robo@@maiei.net
※アットマーク(@)を1つ削除してください(スパムメール対策のため)
代表取締役: 石田 健